初めての親友


泣けるかどうかわからんが・・・・・
私の話。
中学三年の夏。

私に不登校でオタクな

女の子の友達ができた。

きっかけは些細なことだった。担任の先生から「運動会の練習するから呼びにいって!」
と、何故か私に頼んだのだ。
まともに話したこともないのに・・・と思ったが、文句を言わずに行った。
おおげさかもしれないけど、本当にアレは運命だったのかもしれない。
その子はびっくりするほど元気で、私に話しかけてきた。
そして、私がアニメが結構好きだと知るや、自分の趣味も話してきた。
そして私とその子は友達になった。

一週間経って、先生が私とその子の席を前後ろ同士にした。
二週間経って、その子が朝と帰りのHRにでるようになった。
三週間経って、その子が授業にちらほらでるようになった。

4週間くらい経って、いきなりその子から電話が掛かってきた。
「あ~、○○ちゃん(私の名前)?」
「え・・。そうだけど、どうかしたの?」
「あのさ~、さっきテレビで・・・・」
それからその子と小一時間話をした。家族のことだったり、アニメや漫画のことだったり
ようするに、他愛もない話をした。

最後にその子はこんな事を言った。
「あ~明日さ~、暇だったらカラオケいかない?」
涙がでそうになるのを、私は必死で堪えました。
だって、カラオケとかに一緒に行く遊び友達なんていなかったから。
そもそも、友達と他愛もない話で長電話をしたことだって初めてだったから。
私は昔から一人ぼっちでした。軽く話せる友達はいるものの、彼女らと遊びにいくほど親しくはありませんでした。
中三になってから、私はクラスの皆から少しずつ離れていきました。

そんな私の様子を先生は気が付いていたのかもしれません。
いっつも教室の隅っこでひとり本を読んでいる私のことを心配してくれてたのかもしれません。
今となっては分かりませんが、先生のおかげで私には初めて親友と呼べる存在ができました。
月曜日が待ち遠しく感じることができました。
この場を借りて、お礼を言いたいと思います。

ありがとう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA