姉の一言

Pocket

俺はほんとに馬鹿で、

いくら頑張っても頭

にものが入らない奴。
おかげで見事に大学受験失敗

したときに従兄の嫁さん、

当時21歳と話す機会があったんだ。
今ではほんとの姉のように

思ってるから、姉とする。

姉「大学失敗したんって?」
俺「うん…」
姉「もっかいチャレンジせんの?」
俺「就職さがすつもり…」
姉「将来したい事とか、なんかないん?」
俺「農業継ぎたい、でも知識もないし、

親父は兄貴に継がせるから

って教えてもくれんから…」
姉「諦めるんか?」
俺「しかたないやんか!

頑張ってもあかんかったんや!」
確か俺、この辺で泣いてた。

もっと酷いことも言った。
でも、男の癖にぐずぐず泣く俺を、

姉が抱き締めて撫でてくれた。

最初びっくりして抵抗してたんだけど、

姉が一声俺の名前呼んでくれた

途端になんかが弾けて

しがみついて号泣。
泣きながらでいいから聞きなさい、

って姉に言われて
こんな事言われた

姉「やりたい事があるなら、

もう一度頑張りなさい。
おじさま(俺の親父)が

渋るならお姉ちゃんが

一緒に頭下げてあげよ。
それでダメなら、お金もお姉ちゃんと、

〇にい(従兄)が助けてあげよ。
その代わり、一生懸命頑張りなさい。
受かるまで何度でも頑張りなさい。
一度ダメでも、また一年頑張れば、

その分上乗せで皆より

ちょっぴりお得やないの。ね?」

姉さん俺頑張ったよ。

実家継げるんだよ。
俺が挫けなかったのは

姉さんのおかげ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA